オーボエ奏者の努力

あまりメジャーではない楽器

一般的にオーボエは、それほどメジャーな楽器ではありません。楽器のイメージが演奏する人の性格に似る、といった逸話があります。

 

そのようなことを実際に経験した人がいるかもしれません。

 

例えば、激しいロックを演奏するエレキギターの名人であれば、その人の内面も激しく燃え上がっているのではないのか、と想像してしまうことがあるでしょう。

 

また、あまり目立つことのないベースを担当している人であれば、普段の生活も地味な様子になっているのでは、といった邪推をしてしまうかもしれません。

 

この法則が当てはまるのであれば、オーボエの奏者はメジャーではなくマイナーな人と捉えられてしまいますが、この件については、あくまでも都市伝説のように軽く覚えておく程度で良いでしょう。

陰で努力している奏者

オーボエを吹く部分につけるものとしてリードがありますが、オーボエ奏者はこのリードを毎日こつこつと作っています。

 

とても繊細なリードは、湿度などの変化に敏感で、毎日のように状態が変わります。

 

リードを専用のナイフでほんの少し削っただけで、音色や吹いた感じが大きく変わってしまいます。

 

奏者は、この繊細なリードの管理を日々行っており、その努力には頭が下がってしまいます。
素晴らしい演奏は、聴く人を魅了します。これからも素敵な音楽のために頑張ってもらいたいです。そして、演奏の技術的なレベルアップも目指してほしいと願っています。
"