オーボエの音域と昔の体験

オーボエの音域について

ジャンルを問わず幅広い音楽が好きだった私は、オーケストラの楽曲や楽器にも強い関心を抱いていました。

 

かなり以前のことになりますが、オーボエを持っている知人がいたため、その方にお願いして吹かせてもらいました。

 

音域は、およそ二オクターブでした。私はリコーダーを吹いていた経験がありましたので、指使いについてはなんとかこなすことができました。

 

しかし、最も高い音と最も低い音のあたりの音色をクリアに出すのが困難でした。吹き慣れている知人は、難なくクリアな音を出していました。私には、まだまだ練習が必要だと感じさせられました。

メンテナンスが大変な楽器

私は知人と会話を交わしているときに、オーボエという楽器のメンテナンスの大変さを知りました。

 

繊細な調整が必要で、少しの調整の違いで音程などが変わってしまうことを理解しました。

 

また、吹き心地についても微妙に違いが生じてしまうことを実感しました。

 

オーケストラでは周囲の楽器とチューニングを合わせなければなりません。

 

少しでも違ってしまうと、美しいハーモニーを奏でることができなくなります。得に、人前で演奏する際には、慎重に音程を調整する必要があります。

 

オーボエという楽器は、他の楽器よりもメンテナンスが大変な楽器だ、ということを痛感させられた体験になりました。